E-juku1st.Com
中学数・英問題集
の販売とサポート!詳しくはトップページをご覧ください。
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
■ 力のある算数 by Toppo 問題集
実力評価テスト  小6生用あり
 説明ページへ
問題集作成の
 動機と意図
問題作成におけ
 るコダワリとポリ
 シー
 HOME この問題集のメルマガ 算数の図形教室 by Toppo<A> 小学算・国の学力充実問題集   ご注文

「力のある算数 by Toppo 問題集
―小5・6生対象の、算数の力を上げるオリジナル問題集―

 B-4サイズのプリントで、問題Pt.は<A>と<B>の2部構成。
<A>では例題と基本説明が左側に、右側でその演習。次に、<B>では左側で同じパターンを再度演習、右側でまたまた演習(文章題や図形はやや応用的なもの)と、3段階で学習できるように作ってあります。問題プリントは
80枚(同解答80枚)に実力確認テスト10枚(同解答10枚)。
 中学数学を学習していく上において、その必要となる知識と力の養成、また必ず役立つであろう問題攻略能力の習得を目指した、トッポ先生渾身の力を振り絞った問題集です。

 現在の学校の指導内容には捉われず、あくまで小学校の段階で学んで身につけておくべき算数の内容を、「計算・文章題・図形」の3つの分野に別け、独自の観点で編集、構成してあります。

 よって、現行の教科書に準拠した問題集ではありません。
また、学校で習うレベルの低い内容に基準を置いていると、とんでもない低い能力しか形成されかねないところがありますので、あくまでわたしの考える必要な水準に合わせています。

 中学で数学を学ぶに際し、足を引っ張ることだけは絶対ないように(現実は8割方の生徒が、これに当て嵌まりますが)、小学校の5・6年生の段階で是非学んで吸収しておきたい、そしてそこそこ通用する算数の学力を形成しておきたい、そのような問題内容とレベルにしてあるということです。

 語弊のある言い方ですが、どうでもいい内容、またちょこっと習ったぐらいで、たいして身につかないだろうという内容があります。たとえば比例なんかはそうで、やればもっと奥深くまで勉強しないと理解も力もつかないものです。それらはすべて省きました。市販の問題集で勉強すれば十分でしょう。

 そうではなく、計算ひとつ、もっと確実で正確な力を身につけなさい、複雑な計算もどんどんやり使いこなす力を身につけなさい、割合の文章題の意味することをほんとうに知りなさい、図形の見取り図が早く正確に描けなさい、これら肝心要の「計算・文章題・図形」の3つの分野を訓練に訓練を重ね、その力を高めることに最大努力しなさい、というのが、この算数問題集の根幹をなしています。ご理解いただければ、さいわいです。
 「力のある算数 by Toppo 問題集
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
価格:13500円(代引きの場合、手数料
  が250円必要です。)

配送方法:「代引き」でのゆうパック便とな
  ります。
納品予定:ご注文より、2,3日以内に着く
  よう手配。
お申し込み:ショッピングカートで、スタート
  ボタンを押し、
  
「小学算数問題集」をクリックして下さい。
  (そのなかの一番下にあります。)
  こちらからでも受付→


※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 算数のなかでも図形の分野を集中的にかつ専門に作ってあるのが、算数の図形教室<A>」です。今後一番重要となる図形の徹底的な掘り下げと豊富な演習をやり、たしかな応用力と思考力を身につける問題集です。よろしければ、説明ページもご覧ください。
 →説明ページ

「力のある算数 by Toppo 問題集」のCONTENTS 
 1.「計算編 NO.1〜20<A&B>」(計40枚)解答40枚
1.整数の計算&最大公約数他 NO.1〜NO.3 2.少数の計算 NO.4〜NO.6
3.分数の計算(四則混合まで) NO.7〜NO.16 4.比・比例式 NO.17〜NO.19
5.割合と百分率・歩合 NO20
 2.「文章題編 NO.21〜30<A&B>」(計20枚)解答20枚
1.割合に関する文章題 NO21・22(基礎) 2.食塩問題 NO.23(基礎)
3.速さに関する文章題 NO.24(基礎)  4.平均算・植木算 NO.25(基礎)
5.比に関する文章題 NO.26(基礎) 6.規則性を見つける問題 NO.27(基礎)
7.仕事算&のべ・帰一算 NO.28(応用) 8.相当算 NO.29(応用)
9.通過算 NO.30(応用)
 3.「図形編NO.31〜40<A&B>」(計20枚)解答20枚
1.角度を求める NO.31・32(平面図形) 2.面積を求める NO.33〜35(平面図形)
3.立体の見取り図 NO.36(立体図形)  4.立方体の展開図 NO.37(立体図形)
5.立体の体積と表面積 NO.38・39(立体) 5.円すいの展開図など NO.40(立体図形)

 「実力確認テスト」(10枚)解答10枚
1.計算の確認テスト NO.1・NO.2 2.文章題の確認テスト NO.3・NO.4
3.図形の確認テスト NO.5・6 4.計算と文章題の確認テスト NO.7
5.計算と図形の確認テスト NO.8 6.総合の実力確認テスト NO.9・10

問題イメージ〜力のある算数 by Toppo 問題集より
.計算(分数)NO.9 .計算(比例式)NO.18
.文章題(割合)NO.22<A> .文章題(相当算)NO.29<A>
.図形(面積を求める)NO.33 .図形(立体の体積と表面積)NO.38
実力確認テストNO.9(総合1回)問題 実力確認テストNO.9(総合1回)解答
勉強のしかた 関連メルマガ

 1.2部構成になっています。基本は<A>をして、そして連続して<B>をします。計算、文章題、図形の順番にしていきます。

 2.<A>の例題を、まずよく理解します。次にすぐ右側の問題(A)をします。そして解答合わせ。間違いは赤で直す。次に<B>
  のプリントの左側の問題(B)をします。解答合わせ。そして右側の<C>の問題をし、解答合わせ、です。例題に対し、その問題
  を3回繰り返す形です。1枚のプリントに例題が1つの場合、また2つの場合がありますが、基本的には1枚ごとをまとめてやるの
  がいいでしょう。

  やりっぱなしの勉強、これが一番まずいですね! すいすい問題をやり、消化したとしても、その内容をすべてできているわけで
  はないでしょう。解答チェックして間違い直しは、必ずすること、そしてその原因を考えることです。できなかった箇所や問題は、
  とことん理解し、覚え、粘りづよく追求することが大事です。
実力をつけるとは、この作業を省いては決して成り立ちません。

 3.そこそこできた段階やある程度のまとまりが済んだところで、実力確認テストを行います。基本的には問題演習の内容からの
  出題にしてあります。下手に発展的な内容や類題に変更したりはしていません。あくまで学習したことができればよく、そして
  その集積こそが大きな力になりますから、しっかり頑張って最後までしてください。
 

・力のある算数」問題集、無事到着しました。ずっと捜し求めてきた内容のある問題集で、うれしく思います。コツコツと親子でやっていこうと思います。ありがとうございました。

・妹尾先生 年末に小六生対象の「力ある算数」を送っていただきました。本当に先生のご指導どおりで、残り3か月でしたが、やってみてよかったと本当に思っています。「力ある算数」はAとBに別れていますが、どちらも娘にとってはとても手応えのあるいい問題ばかりでした。この問題集をやらずに中学に進んでいたら、と思うときっと数学が苦手のままだったかもしれません。算数は好きでも、苦手意識が強かったのですが、この問題集を取り組んでから少し自信が出てきたようです。本当に勧めていただいてありがとうございました。<Y>

・今朝、朝一番に問題集が、届きました。素早い対応、ありがとうございました。どのような問題集が届くのか本当に楽しみにしていました。長い年月をかけて、多くの生徒さんが先生とこの問題集に出会い、それぞれの目標を達成していかれたんだなと思うと、こちらも励みになります。<略>塾では、テストの分析で、その原因にケアレスミスとスピードのなさを指摘されていました。何度注意を受けても、一体どうしたらよいのかわからず焦るばかり‥‥そんな時に、12月ころ先生のホームページ上の自分の学力を知る難しさについてという記事に出会いました。あの頃の私たちには、すごく応えました。でも、問題点がピシッと示された一瞬でもありました。とにかく、塾の課題課題で手一杯で、大事な復習にしっかりと時間をとれていなかったのです。時期も時期で、塾の課題で余裕がまったくなかったので、先生の問題集を買うことはなかったのですが、もっと早く出会えていたら‥‥という気持ちでいっぱいでした。<略>苦手な英語に、今も苦戦しているようですので、助けになればとの親心で今回購入に至りました。小5の弟には「力のある算数」を、高校入試で数学の学校と入試のレベル差で苦労しましたので、今のうちにコツコツ基礎固めを‥‥とのこれまた親心で購入しました。ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。<M>

・数年前に長男が英語と社会理科でお世話になり、昨年、トップ校とはいかないまでも公立2番手校に合格し現在2年後の国立大学工学部に向けて勉強に励んでおり、先生には感謝しております。次男は少々算数の計算や漢字など荒っぽい出来ですので、4月に中学入学前に小学校の基礎固めをしたいのと、長男の英語に対する対策遅れから今のうちに進めるだけ進めようと思っております。宜しくお願いいたします。<A>