E-juku1st.Com
中学数・英問題集
の販売とサポート!詳しくはトップページをご覧ください。
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
■ 実力をつける理科(1年&2年編)
塾に頼らない自立学習型問題集 説明ページへ
理科の実力を1,2年のあいだにしっかりつけておくことが大事ですね。
HOME 中学理科/3年&入試対策 <新版>入試理科の攻略 理科の学習法 by メルマガ ご注文


実力をつける理科(1年&2年編) 対象:中学1年生・2年生
この理科問題集の構成は、中1理科の4単元と中2理科の4単元の、計8つの単元から成り立っています。<A>の「入試の土台を築く問題」に
今回新たに<B>の「入試実力定着問題」を加え、そして「実力確認テスト」と、3段階の学習で確かな学力をつけることを目指しています。中学1年と2年のふだんの勉強と定期テストへの対策に、じゅうぶんにお役に立てるかと考えています。学校の教科書やノート、そしてワーク類を勉強したあとに利用してもらえば、さらに効果は高まるでしょう。
お申し込み:ご注文のところをクリック。ショッピングカートで、スタートボタンを押し、
  「E-juku1st.理科編」をクリックして下さい。
  
こちらからでも受付→

E-juku1st.Comの理科の問題集として、「<新版>入試理科の攻略が柱としてあります。これは15年あまりの実績があり、
 本来中3生対象に作られた問題集なのですが、これ1冊でふだんの学習から入試対策まで3年間利用できるので、実際は
 中1生から中3生まで多くの生徒に利用されています。


 これに対して、3年の内容や受験関係の勉強はさておき、まずは1年と2年の理科の勉強をしっかり行って、かつ学校の理科の
 成績を高めていきたいと考えている生徒を対象に、この「実力をつける理科(1年&2年編)」問題集を作りました。

 なお、3年になって引き続き理科を問題集を利用して勉強していきたい生徒には、「中学理科/3年&入試対策」問題集があり
 ますので、その折にはまたご検討いただければさいわいです(続けてご利用の場合は、特別価格にて)。


    内容項目 <A>入試の土台を築く問題 <B>入試の実力定着問題 確認テスト
 中1学習単元<化学&物理&生物&地学>
1章 物質とその変化・気体 NO.1・2・3・4・5 NO.1・2・3 NO.1・2
2章 光・音・力 NO.6・7・8・9 NO.4・5・6 NO.3・4・5
3章 植物の世界 NO.10・11・12・13・14 NO.7・8・9 NO.6・7・8
4章 大地の変化 NO.15・16・17・18・19 NO.10・11・12 NO.9・10・11
 中2学習単元<化学&物理&生物&地学>
5章 化学変化と原子・分子 NO.20・21・22・23・24・25 NO.13・14・15・16 NO.12・13・14・15
6章 電流とそのはたらき NO.26・27・28・29・30・31・32 NO.17・18・19・20 NO.16・17・18
7章 動物の世界 NO.33・34・35・36・37・38・39 NO.21・22・23・24 NO.19・20・21
8章 天気の変化 NO.40・41・42・43・44 NO.25・26・27 NO.22・23・24
(解答も同枚数あります)
  実力をつける理科(1年&2年編)
【公立中学1・2年生用】
価格:13,000円(代引きで送料、消費税込みの値段
  です

配送方法:「代引き」の場合ゆうパック便(代引手数料
  250円別途)、振込の場合はクロネコ便の配送となりま
  す。

納品予定:ご注文より、2,3日以内に着くよう手配いた
  しております。
お申し込み:ショッピングカートで、スタートボタンを押し、
 
 「E-juku1st 理科編」をクリックして下さい。       
  こちらからでも受付→
注意点
1.この問題集は、「<新版>入試理科の攻略問題集」の「<A>入試の土台を築く問題」の1,2年編と、今回新規に追加した「<B>入試の実力定着問題編」で構成していますので、すでに「<新版>入試理科の攻略問題集」で勉強している生徒には不要であるかと存じます。
(別な言い方をすれば、この理科の問題集は、従来
あった「中学理科/1・2年の再学習問題集に、「<B>入試実力定着問題」を新規作成し加えて、再編集し直したものです。)
勉強のしかた
1.<A>の左側(ポイント確認)をする。( )に適語を入れ、解答確認。そしてその他の記述部分にしっかり目を通し、自分にとって理解
 と暗記すべき点があればそれを押さえる。次、<A>の右側の問題をする。基本的に1枚できれば、解答合わせ。わからないところや
 間違いはとくに解答をよくみて、しっかり理解、かつ覚える。

2.<B>の実力定着問題をする。これをやれば、自分がどこまでほんとうにわかっているか、そして確実にできる力を持っていているか
 が、わかる。もしまだその穴があれば、埋めればいい。

3.実力確認テストをする。90点以上とれることが目標だが、まあ80点以上とれれば、よくできたと思っていい。ただし、できなかったとこ
 ろ、間違った個所は何が原因であるかを突き止め、自分のもにすること!

   問題集の内容イメージ       
実力をつける理科(1年&2年編)見本
     【 A 】入試の土台を築く問題<中1〜問題>     【 A 】入試の土台を築く問題(中1〜解答)
    【 A 】入試の土台を築く問題<中2〜問題>     【 A 】入試の土台を築く問題<中2〜解答>
NEW 【 B 】入試の実力定着問題く中1〜問題>
<注>「<新版>入試理科の攻略」の「<B>入試の実力定着問題」とは、まったく内容が別で新しく作ったものです。
実力確認テスト<中2〜問題> 実力確認テスト<中2〜解答>